マルソウダ×刺身で×調理レポ

魚を調理

 

新鮮なソーダガツオは、

お刺身が旨いです!

 

 

 

 

ヒラソウダの方が旨いのは確かですが、

マルソウダだって

負けていませんよ(=゚ω゚)ノ

新鮮なソウダガツオを入手!

 

 

 

 

とりあえず

釣ってくださーい( ̄▽ ̄)アハハ

 

 

 

 

 

 

 

活きが良いのを!

釣りましたら、

即死しないようにエラにナイフを入れて

血抜きをしてください!

※心臓が止まったら血が抜けません。

 

 

 

 

血抜きが終わったら

内臓をだします!

 

 

 

 

腹を裂いて・・・

(;゚Д゚)プルプル

なんじゃコリャ!!

普通は左側です。

右側は苦玉(胆嚢)

裂いてしまいました(汗

 

 

 

 

問題はありませんが、

さすがにビックリしました(*_*;

 

 

 

 

だってコレじゃ

メロンソーダだから

( *´艸`)プププ

 

 

 

 

後は海水で冷やして

持って帰ります!

 

 

 

 

 

捌いていきます!

頭を落して

ウロコ(有隣域)をそぎ落と・・・

 

 

 

 

・・・_| ̄|○ ガクッ・・・

 

 

 

 

写真忘れた(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

もう3枚卸しになってます( ノД`)…

模様と血合いの量を見てください!

マルソウダです。

 

 

 

この血合いとあばら骨と

小骨を切り取り、

皮を引きます!

また写真忘れた(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

・・・_| ̄|○ ガクッ・・・

 

 

 

 

 

 

ヒスタミン簡易検査

 

念のため、切り取って捨てる部分を

口に含み舌がビリビリしないかを見てみます。

 

 

 

 

 

なぜそんなんで解るの?

って思いますが、

一応コチラに書いてあったので

ご参考までに

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京都福祉保健局

 

 

 

 

あと、

関西の釣り仲間から聞いた話ですが、

大阪では食べると舌がビリビリするから、

マルソウダビリビリと呼ぶそうです。

 

でもそれって、

ヒスタミンはアウトじゃ・・・(*_*;

 

 

 

 

 

ヒスタミンが何㎎生成されていると

ピリピリするのかな?

 

絶対大丈夫って事ではありませんが、

これをやっておけば、

 

 

 

 

大ダメージは

避けられるハズ!

 

 

 

 

ってことで

自分の舌で検査しまーす!

せめて軽症で済ませたいので( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

1匹目

モグモグ( ‘༥’ )

OK!

( ゚д゚)ペッ.

 

 

 

 

2匹目

モグモグ( ‘༥’ )

OK!

( ゚д゚)ペッ.

 

 

 

 

3匹目

モグモグ( ‘༥’ )

OK!

( ゚д゚)ペッ.

 

 

 

 

4匹目

モグモグ( ‘༥’ )

OK!

( ゚д゚)ペッ.

 

 

 

 

 

恐らくこれでヒスタミンが有っても

少量!・・・のハズ

軽症で済む!・・・ハズ

 

 

 

 

 

 

 

ラストは

 

 

柵にしたら、

バーナーで炙ります!

動画は片面ですが、

もちろん裏面を炙ります。

 

 

 

 

左手にスマホ、右手にバーナーでは

裏返せませんでした(笑)

 

 

 

 

炙り終わったら

氷水で熱を取り

切って盛り付ければ完成です!

(∩´∀`)∩イエーイ

 

 

 

 

ショウガとポン酢で食べましたが

味は普通にカツオです!

ってか旨い!

 

 

 

 

 

そして、

ヒスタミン中毒

アリマセンでした!

(≧▽≦)ワッハッハ!

 

 

 

 

 

以上、鯵彩流の調理方法でした(=゚ω゚)ノ

尚、の調理方法を持ってすれば、

安全と言う訳ではありません。

 

 

 

 

ヒスタミン中毒は決して多くはありませんが、

管理が悪ければ発症のリスクは高くなります。

 

食べる?食べない?の判断は自己責任ですので、

ご承知おきくださいm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました