ショアエビングは青物に強い❗️実際に釣れたのがこれ😆

ショアエビング

こんにちは鯵彩です!

ショアエビングで狙うならゼッタイ青物です!船からもマグロメインで使われるリグなので、青物に特価しています!とはいえ、付いてるのはワームなので、青物意外にも狙えるターゲットももちろん狙えます!今回は、青物を中心に、その他のサカナも網羅的にご紹介♪( ´θ`)ノ

 

僕のブログをショアエビングで検索されることが増え、ショアエビングについて知りたい。ショアエビングで何が釣れるか知りたい等の需要が高まっていると感じました。

『ショアエビング』で検索するとわかりますが、記事を書いてる方も増えてきましたね…。

そんな中で今回は『おおまかに3つに分類し』ショアエビングで釣れる魚をご紹介します。僕が実際に釣った魚を写真でご紹介です。

画面をスクロールするだけですからサラっと見ていきましょう〜。

 

 

青物・回遊魚

ブリ系

 

 

ソウダカツオ

 

 

シイラ

 

 

カンパチ(子供)

 

 

サバ

 

 

 

底物

オオモンハタ

 

 

マハタ

 

 

エソ

 

 

ホウボウ

 

 

 

その他の魚種

メッキ

 

 

カマス

 

 

シーバス

 

 

 

よくある質問

 

以下の魚に『効果的ですか?』という質問を頂くことがあります。

・タチウオ

・ヒラメ

・マゴチ

 

以前にタチウオを狙ってみたところ、F2が釣れましたが、それ以上のサイズになると飲まれてしまう様子で切られてしまいました。

グラスミノーに変えてみたところ、エビングで使用するフックではフッキングできないため、シャフトを利用してトリプルフックを付ける必要があります。

でもそれなら、最初からトリプルフックが付いたジグヘッドでやればいいです。したがいまして、ショアエビングでタチウオを狙うのは得策ではありません。

 

ヒラメとマゴチについては、釣れた事はありません。手前のカケアガリに付いた魚を狙う場合、先に着底するジグがカケアガリに根掛ってしまうため、駿河湾では釣りにならない状況でした。

遠浅の砂浜であれば多少は効果が得られるかもしれませんが、ヒラメについてはタチウオと同様でフッキングに難があるため、トリプルフックが必須になると判断します。

そのため、タチウオと同様に最初からトリプルフックが付いたジグヘッドを投げれば良いだけの話しです。

 

ディスるようで申し訳ありませんが、ヒラメ、マゴチ、タチウオにも良さそうと書かれている記事などを拝見することがありますが、僕の経験から、それらの内容は、『やったことが無い人が想像でテキトーな事を書いている。』と断言します。

 

なので、タチウオ、ヒラメ、マゴチをショアエビングで釣ろうとすることは、ハッキリ言って

『無駄です。』

 

 

 

まとめ

主なターゲットは回遊魚(青物)となります。多分この記事を読んで下さった方が求めていた内容だと思います。

そのほかにも、ボトムまでリグを沈めればハタの仲間も釣ることができます。

 

ショアエビングで釣れる魚の特徴として、ベイトとなる小魚を頭から捕食するタイプベイトを吸い込むタイプの魚に効果的となります。

これは、ショアエビング自体がジグを視点としたヘヴィなスプリットリグであるからです。

 

また、シラスパターンの回遊魚には特に効果的で、クリアー系のカラーに良い反応することが非常に多いです。

そして、ハタなどを釣る場合には、ホワイトやグロー系のカラーが効果的です。

 

 

 

今回は、以上となります。

記事の最後に僕が作成しているショアエビングの代用品の作成方法の記のリンクを貼っておきました。よろしかったら見てみてください。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。所々、若干上から目線だったかもです。申し訳ありません。

少しでも情報が参考になれば幸いですm(_ _)m

 

 

ショアエビングの自作方法の記事↓

ショアエビングのテンビンの代用品❗️エビングアシストの自作手順公開٩( ‘ω’ )و
ショアエビングで使うテンビンの代用品の作成手順について知りたいですか?この記事では、ショアエビングのテンビンの代用品の自作品の作成手順について紹介しております。ショアエビングを始めたい方は、是非、読んでみてください!

 

 

タイトルとURLをコピーしました