Gスラッシャー❗️Zeakeの2020年新作メタルジグ✨

ショアジギング

 

どうも鯵彩です!

今回は、Gスラッシャーのインプレです!買ったばかりでまだ投げられていませんが、見た目から伝わる情報を紹介していきます。

ちなみに僕が購入したのは20gです。リアバランスで飛距離が出る構造に加えてジークの特徴的な横向きで大きめのアイが採用されているため、Rサーディンと同等のフッキング率であることが見て取れます!それでは写真とあわせて紹介していきます。

こうもくはこんな感じです。

・パッケージの紹介商品

・初期装備

・アイの向き

・重心を確認

・投技ジグと比較

 

 

パッケージの商品紹介

Gスラッシャー(グラシリス スラッシャー)は、フィッシュイーターがメインベイトにしているキビナゴやトウゴロウイワシといった細身ベイトをイミテイトしたデザインを採用。センター寄りの後方重心バランスで、安定した飛距離を稼ぎます。水抵抗の少ないシルエットと後方に着いたスリットが、スライドアクションとスライドフォールを生み出し広範囲にアピール、ボディーに対し垂直に設定されたアイは、フックの自由可動率を広くし、フッキング効率を高めます。

グラシリス スラッシャーって言うんですね。

お店ではGスラッシャーと呼んだ方が伝わりそう。ジークコーナーは、黒いパッケージで一発で解るので、売り場を聴く必要は無いかな(笑)

 

 

初期装備

Rサーディンと同様で、フロントにアシストフック、リアにトリプルフックが付いてますので、買ってすぐ投げれる状態ってのはありがたいです!

で~す~が~オリジナルセッティングにこだわる僕としては、フックを無くして、その分だけ安くしてほしいです( ̄▽ ̄)アハ

 

 

アイの向き

Rサーディンと同じで、横向きのアイが採用されています。ジークのジグは横向きのアイで他社との差別化を図ってるのかもしれませんね!

 

 

重心を確認

パッケージには、『センター寄りの後方重心バランス』と書かれていたので、検証のため、円柱状の棒の上にバランスをとって乗せてみました。

画像の中心と棒のセンターが合うように撮影してあります。バランスが取れる位置がジグの中心よりも後ろ側になっていることから、リアバランスで間違いありません!

 

 

 

投技ジグと比較

同じ20gのスリム系ジグの投技ジグと比較してみました。

アイを含めた長さで、約1cmほど、Gスラッシャーの方が短く、丸い(円柱)形状であるため、投技ジグよりもスリムに見えます。

シルエットが小さいと言う事は、空気抵抗が小さいと言う事なので、撃投シリーズの投技ジグ以上の飛距離を期待できそうです!

 

 

まとめ

Gスラッシャーについて、主に見た目から観察できることにについて確認しました。

投技ジグとの比較では、より短く、より細い事が確認でき、ベイトが小さい時に特に有利なジグであると感じました。

そして、リアバランスであることで飛距離が期待できるのですが、スリム系でありながら、他社より短いことでジグの飛行姿勢が安定しやすいため、ただ飛距離が出るのではなく安定して飛距離をだせる形状であることが解りました!

こんな感想でした!マイクロベイトパターン時に期待ができ、飛行も安定しそうなので、夏場の小型回遊魚には非常に有効的なジグであると思われました!

とは言え、まだ実践投入していないため、実際に魚を釣って確認する必要があります!

よいフィッシングライフを(=゚ω゚)ノ

 

 

タイトルとURLをコピーしました