安い❗飛ぶ!動く!ヘキサーハーセンをインプレ

釣り具のインプレ集!

安くて、よく飛んで、タダ巻きでも動く!

そんな良い感じのメタルジグがあるのに、あまり使われていないんですよね〜フシギ(^_^;)

 

ヘキサーハーセンを知らないあなたへ、良い判断材料になるようにこの記事を書きましたんで、買うつもりになってもとりあえず全部読んでからにしてください!

途中で購入サイトへ行っちゃだめですよ〜

 

ヘキサーハーセンの特徴

パームスのメタルジグでアシストフックもトリプルフックも付いてる!なのにワンコイン(500円)で買えるなんて・・・。

あなたもとりあえず何個か買っちゃいますよね!?

と言いつつも買わないか・・・・・・だって、良くわからないもんね❗

 

この記事で見た目とか付属品と一緒に実際に釣った魚も紹介しますから、買うのは読んでからでも遅くないんじゃないですか???

 

 

フラッシング面の大きい側面

ブランカクラスのフラッシング面があります。

顔からオリシに向けて7割がフラッシング面になっていて、これが魚を呼び集めてくれるんじゃないですかね(゚∀゚)キタコレ!!

背中側のキールが水を切ることでパタパタと動いてくれるので、フラッシングが最大級の効果をはっきしてくれそうです!

 

 

飛距離を生むリアバランス

このリアバランスが飛距離を出してくれるんですよ!

そんで、撃投エアロくらいのリアバランスなので飛行姿勢が崩れにいので投げミスが少ない!

 

飛距離は正義よ!

 

 

ジグの厚みがシルエットを小さく見せる

腹側はこんな感じで厚みがわかります。

トリプルフックが付いてる方がオシリで、より厚みがわかりますね〜

これだけ分厚くすると同じ重さでもメタルジグの前後が短くなるので、同じ重量のメタルジグより小さく見えます。

とは言え、TGベイトザ・ダックスには勝てないのであしからず。

 

 

純正フックについて

ここにきてチョットごめんなさい。。。

パッケージを開けてすぐに使えるのはウレシイですが、フックのバランスがめちゃめちゃな気がします。

 

アシストフックについては、『中〜大型の青物を意識したような太軸のフック』が

それに対して『トリプルフックは細軸』が付いてます。

 

このアンバランスなフックセッティングのため、小型回遊魚がメインの時期はアシストフックを小型の物に交換して使ってました。

この辺は好みがあると思うところですが、フックは交換して使って!

 

 

ヘキサーハーセンでの釣果❗

牙物(タチウオ・サワラ)用のメタルジグとなっていますが、青物とフラットに使っても釣れますね〜

ただ巻きでもパタパタと泳ぐためシャクリ以外でも使いやすいメタルジグになっていました。

 

 

青物

小型回遊魚が問題無く釣れました!

ヒットパターンに特徴があっておもしろかったです!

 

何がかって言うと

早巻きでリアフックにヒット

ジャカジャカ巻でアシストフックにヒット

食わせる方を選べるとまでは言いませんが、こんな感じで魚がバイトするところが変わってくるので、牙物(タチウオ・サワラ)を狙うときはリーダーを切られないために、タダ巻きか早巻きが良さそうですね!

もっと言えば、巻きの釣り専用のヘキサーBを投げておけば間違いんじゃないですかね?
(東京湾のサワラでかなり結果が出てるみたいですよw)

 

 

ヒラメとマゴチ

ヒラメもマゴチも問題無く釣れました!

ボクの基本アクション、ワンノック&ワンジャークのやり方は、

 

キャスト後

〚 1ノック(ボトム着底)→1ジャーク(リフト) 〛の繰り返しで

ヒラメを狙うときは、ジャークの回数を増やしてレンジを上げる⤴

 

牙物用で塗装が強めなので、ボトムを叩いても色が剥がれにくいです。

ムー○ョなどと比べると塗装が強いのと、ワンコインなんで思い切ってボトムを叩ける心強さ!

ヒラメ・マゴチに使ってもメンタル大丈夫w

 

 

使ってみた感想

高価でメチャメチャ良いジグって訳じゃないけど、価格のわりに飛距離が出て色々使えてちゃんと魚を釣れてくるので、ヨシヨシ\(^-^ )って感じ

あれやこれや悩むくらいならとりあえず1投目はヘキサーハーセン投げておけばって気がします!

 

ワンコインだし、あなたもどうですか?

タイトルとURLをコピーしました