DAISO釣具と徹底比較❗『DAISOタフケース』VS『YFDタフケース』

100均釣具をインプレ”

釣具屋とDAISOに同じ釣具ケースが売っていると言うことで、両方を買って見比べて見ました!

本家の名前は『YFDタフケース』なので、DAISOのは『DAISOタフケース』と呼んでひかくしていきますで、気になったらDAISOで購入するのが良いかもしれません(笑)

DASIOタフケースには黒しかなかったので、YFDタフケースは赤にしてみましたw

DAISOタフケースとYFDタフケースの仕切り

まずは、仕切りの量から比較!
あたり前かもしれませんが、枚数が全然ちがいますね〜本家の圧倒的バリエーション!

内訳はこんな感じです。

YFDタフケースの仕切り板
20cm×2枚
15cm×1枚
13cm×1枚
10cm×3枚
3cm×6枚
ダイソータフケース
20cm×1枚
15cm×1枚
10cm×1枚
3cm×3枚

圧倒的な仕切りのバリエーションでYFDタフケースには勝てませんね〜

でも、YFDタフケースもDAISOタフケースもケースそのものは全く同じなので、仕切りの量がきにならない人はDAISOタフケースで十分かもしれないですね。

正直ボクはDAISOの仕切りの量では物足りないですが。。。

 

仕切り板をシェアしてみた件

YFDタフケースで使用して余った仕切りをDAISOタフケースにシェアしてみたところ、かなり使えますね!

DAISOタフケースだけですと、やはり仕切り板が足りない感じですが、YFDタフケースのあまりをシェアすることで使いやすいく仕切りることができました!

 

仕切り板!大量に余る。

YFDタフケースであまった仕切り板をDAISOタフケースにシェアしてみたんですが、それでも残るくらい大量に入ってます笑

これなら仕切り板をシェアするDAISOタフケースを増やせそうですね!

 

まだ×2仕切りがあまる

仕切り板が残ってしまうので、DAISOタフケースを追加してみました!当たり前ですが仕切りが増えたのでまだ余ってます(゜∀。)ワヒャヒャ

 

それで、YFDタフケース1個とDAISOタフケースに使用して残った仕切り板がコチラ

1個YFDタフケースを買ったら、後はDAISOタフケースを買い足すだけで、色々と使用できそうですね!

仕切り方によっては、あと2〜3ケース買っても大丈夫そうです(笑)

YFEタフケースは、メイホーのケースと比較して仕切り方のバリエーションが豊富で小物〜大型ルアーまで幅広くカバーできる設計になっていました。

特に長い仕切りを取り外して位置を変えられるのが大きいですね!大型ルアーを入れる部分とスプリットリングやスナップ、アシストフックを入れる部分をケース1個でまかなえなす!

もし今のケースから買い換えるなら、YFDタフケースを1個買って仕切りをストックしてあとは、DAISOタフケースを追加するのが良さそうですね( ´∀`)bグッ!

タイトルとURLをコピーしました