ショアエビングを始めるための3つのアイテム❗️

ショアエビング

どうも鯵彩です。

今回はショアエビングの始め方について、10年実践した結果から、簡単に始める方法をまとめましたので、ご紹介いたします。

ベイトが小さい時、シラスを食べている際の青物攻略で初心者でも反応を得られやすい釣り方のなので必見です!

 

 まず初めに、ショアジギングのタックルサーフシーバスタックルは持っていますか?

持っていれば『天秤』、『メタルジグ』、『ワーム』、『フック』、『ハリス』があれば始められます。

※サーフシーバスタックルの場合には、ロッドの適正よりも軽めのメタルジグが良いと思います。ワームが空気抵抗になるため、予想以上の負荷がかかります。

 

 

ショアエビングを始めるために必要な3つのアイテム

・天秤

・ワーム

・フック

10年のノウハウで厳選しましたので、是非、参考にしてください!m(_ _)m

 

 

 

天秤

天秤について僕は、天秤の代わりになるものを、アシストフックの材料から作成してます。

自作品の材料費は、1個当たり100円程度なので、お金をかけずに始めることができます。作成方法は、下の僕のブログリンクを見てみてください。

市販の物では、K-Rig テンビンを使用しております。スナップが小さいのでスプリットリングに交換する必要があります。さらに、ワイヤーのカシメが弱い部分があるので、ユルい場合にはペンチでカシメ直してください。

 

ショアエビングのテンビンの代用品❗️エビングアシストの自作手順公開٩( ‘ω’ )و
ショアエビングで使うテンビンの代用品の作成手順について知りたいですか?この記事では、ショアエビングのテンビンの代用品の自作品の作成手順について紹介しております。ショアエビングを始めたい方は、是非、読んでみてください!

 

 

 

ワーム

遠投の衝撃に耐えられる素材で作られた小型のワームが必須となります。ダイワの2種類がコレに該当しています。

 カラーはお好みで良いですが、クリア系だけは絶対に1個は持っておいてください!

なぜなら、メタルジグでは絶対に存在しないカラーで、シラスパターンでは絶大な効果を発揮します!

 

 

 

フック

 フックはショアジギング用のアシストフックのバラ売りの小さい物で良いです。針を結ぶのが苦手な方は、管付きチヌをオススメします。

コレならばルアーと同じくクリンチノットで結ぶことができるからです。

 

 

 

ここからは、オススメアイテムの紹介です

メタルジグ

圧倒的にリアバランスのジグがおすすめとなります。

良く動くアフターバーナーやメタリックサーディンでは、フォール中にハリスを巻き込んでしまうことが、何度もありトラブルの原因となりました。

そのため、僕が使っているのは『撃投ジグエアロ』です。空中での飛行姿勢もよく安定して飛距離がでてトラブルの回数も少ないからです。 

ジグの重さは30g80g

ワームの空気抵抗が意外とあるので、ロッドの適正の範囲の中で重めのジグを推奨します。

 

 

 

ハリス

ハリスは5号以上のフロロカーボンをオススメします。

張りのある糸を使用しないと空中でハリスが道糸に絡む原因になるためです。トラブルを最小限にするため、ハリスの長さも1mから始めるとよいです。

慣れてくれば1.5m程でも問題無く投げられるようになります。

 

 

 

まとめ

 ショアジギングをしている方ならば、小物をそろえるだけで簡単に始められます。

ベイトがシラスの時や、ナブラが喰い渋った際には、ショアエビングでクリア系のワームを使用することで、青物に出会うチャンスが増えていきます。

是非、ショアエビングで青物釣りにチャレンジしてみてください。 

 

僕が実践しているショアエビングはこんな感じです。

メタルジグとワームを組み合わせた釣りがショアエビングでスタイルは未だ確立されていないため、天秤、ジグ、ワーム、フック、ハリスの長さなどご自身で自由にアレンジすることでさらなる釣果が期待できます。

とは言え、まず魚を釣ってみないと感じが解らないと思いますので、まずはこの記事のやり方で始めるのがよいと思います。

良いフィッシングライフを(=゚ω゚)ノ

 

ショアエビングは青物に強い❗️実際に釣れたのがこれ😆
ショアエビングのターゲットについて知りたいですか?この記事では青物、底物など、ショアエビングで狙えるターゲットについて紹介しております。ショアエビングで何を狙ったら良いか?ショアエビングで何が釣れるかなど、気になる方は、この記事写真だけさらっと確認することをオススメします。。

 

タイトルとURLをコピーしました