DAISO釣具シリーズ!ロッドベルトは洗濯バサミでOK❗

100均釣具をインプレ”

釣り竿をつむときや持ち運ぶときに2ピースのロッドがバラバラにならない洗濯バサミの活用術の紹介です。
ロッドベルトでまとめてる人も多いとおもいますが洗濯バサミならワンタッチで取り外せますのでかんたんですよ!さらに100均で買えば安上がりです!

ダイソーの洗濯バサミがお値段以上のなんです!

ダイソーでしょ?

安ければ良いってもんでもないでしょ!?

 

ダイソーの洗濯バサミ

今回ダイソーで買ってきたのは、2種類の洗濯バサミです!

・ジャンボピンチ
・竿ピンチ

1種類だけで買えば良さそうな気がしますが、ショアジギロッドとライトゲーム用のロッドの太さの差に対応できないので2種類用意しました。

 

洗濯バサミでまとめる

ショアジギング用ならリールの周辺をとめるだけ

ショアジギング用のロッドは太いためジャンボピンチ1個でもグラグラしません。ロッドのグリップ側と先端側をまとめてしっかりはさめます。

もし、気になるかたはグリップエンドのあたりもはさむことで完璧にとることができますよ!グリップエンドはジャンボピンチでも普通のピンチでもOK

 

ライトタックルなら洗濯バサミ2個

細身のライトゲームロッドにはピンチが良いです!ジャンボピンチだとはさむ部分のすきまに余裕がでてしまうので、ピンチを使ってください。さらに、リールシート一箇所だけとめた場合にはグラグラしてしまいす。確実にエンドグリップとリールシートの2ヶ所でとめるのがベストです。

最近のライトゲームロッドはグリップをできるだけへらすこと感度をよくしているので、ほぼリールだけになってるため洗濯バサミではさめるところが少なくなってるんですね〜

 

洗濯バサミがフックキーパーに

洗濯バサミのツマミ部分の間には金属があります。ロッドをはさんだあとはこの金属部分にルアーを引っ掛けることができるので、フックキーパーとしても使えますよ!

家でルアーをつけるところまでセットして釣りに行けば、洗濯バサミにルアーを掛けておきます。海についたら洗濯バサミを外してすぐに釣りを始められます!

 

まとめ

今回は、洗濯バサミをロッドクリップにする活用術でした。ロッドベルトを使用していたころは、ロッドベルトにフックが刺さってはずれなくて困ったり、魚の汁が付いてクサくなったりしてました。

洗濯バサミなら水で流せばキレイになります。それに100均なので捨ててもお財布へのダメージは小さいですしね!
(ジャンボピンチで1個当たり25円、普通サイズのピンチで1個当たり12.5円)

捨てておサイフが痛くないと言ういみでも、いちど買って使って判断するのも良いと思いますよ(≧▽≦)

 

タイトルとURLをコピーしました