マルかマル意外か❗簡単な見分け方を3ステップで解説

鯵彩自論

これマルソウダ!?

釣り界わいで、しばしおこる論争ですね!?

釣り場で瞬時にマルソウダかそれ以外かを見分けられるように、特徴の差を紹介していきますので、ぜひ覚えて、ドヤ顔で判断してやってください!!

覚えるのが苦手はひとは、この記事の写真と比較してマルソウダかどうかを判断するのでもOKですので、いちど最後まで確認しておいてください(^o^)丿

 

見分け方ステップ1 黒い点

左がマルソウダ   右がスマ

私なら、この時点でどちらか判断できちゃいます。

チョットさがしてみてください!

 

 

エラの上の黒いところが、背中の黒とつながっている

ゆびで指してるところが、ちがっています。

どうでしょう?わかりますか???

 

マルソウダは、黒いところが背中までつながっています。

一方、マルソウダ以外のカツオ系(スマやヒラソウダ等)は、エラに小さく黒い点になっているだけで、背中とは間が空いて銀色です!

 

ここには、ビミョーなちがいは無くマルソウダ以外であれば絶対にスキマが空いているので、確実に区別できます!

 

 

見分け方ステップ2 もよう

ステップ1を見ているので、下がマルソウダなのは、すぐにわかりますね!?

ステップ2では、ソウダカツオのもようで、マルソウダを区別していきます。

 

ウロコが生えてる範囲

カツオの仲間のウロコが生えている部分を有鱗域(ゆうりんいき)と呼びます。

画像ではあえて黒い点をかくしてますが、どっちがマルソウダかわかりますか?

ずばり、上がマルソウダです。

 

スマやヒラソウダは、有鱗域(ゆうりんいき)が短いのに対して、マルソウダはしっぽの方にある小さい背ビレのあたりまで伸びています。

ソウダカツオを真横から見るときは、ここで見分けてください!

 

背中のもようの範囲

マルソウダは背ビレのからは、はなれていて、もようの範囲がせまいことがわかります。

あと、もようがちがうので、ここでも見分けることができますネ!

 

ここで判断できたアナタは、上級者ですよ( ̄ー ̄)bグッ!
(だれ基準?)

 

 

見分け方ステップ3 さばいて血合いを見てみる

最後は答え合わせでです。釣り場でわからなかったら、持って帰ってさばいてみてください!

身は、これだけちがいますので、さすがに見分けができないことは無いと思います。

 

マルソウダ

マルソウダは、レバーのようにも見える血合いの部分が多く、筋肉とのさかいめがボケていますね。

そして全体的に赤いです。

 

スマ

マルソウダを見た後のスマは、白身魚にも見えてしまいそうなくらい白く感じますね!!

スマ・ヒラソウダは、血合いも小骨のまわりに少しあるだけで、筋肉とのさかいめもハッキリしています。

 

3枚にさばいてしまえば、マルソウダかどうかは一目りょうぜんですね( ̄ー ̄)bグッ!

 

 

これでバッチリ!

ステップ1は、黒い点が背中に届いているかどうか

ステップ2は、ウロコが生えている範囲と、もようの広さ

ステップ3では、さばいて血合いの量のちがい

マルソウダとの見分け方を3ステップで紹介してみました。

全部を暗記する必要はありませんので、アナタが一番かんたんだと感じた見分け方をマスターすればオッケ~です(^^)b

ソウダカツオが釣れたときにはソーダガチャだと思って、スマかな?ヒラソウダかな?マルソウダかな?ってドキドキしながら判別してみてくださいネ!!

 

よいフィッシングライフを゚(^o^)丿

 

マルソウダを刺し身で食べて調理レポします。
マルソウダのお刺身での食べ方について知りたいですか?この時期では、マルソウダをお刺身で食べるために釣った後の処理から、調理方法とヒスタミンの簡易的な検査方法を紹介しております。マルソウダのお刺身にチャレンジしてみたい方は参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました