カマス専用❗️ロストが減る『ロングシャンクのジグヘッド』の作り方

ハンドメイドしてみよう!

カマスがたくさん釣れたのですが、ジグヘッドをたくさん切られて出費がおおいわ

そんな時は、切られにくいジグヘッドを自作するとコスパが良いですよ❗

カマス釣りはロストが付きものです(泣)

そこで、シャンクを長くしてカマスに飲まれにくいジグヘッドを自作するとコスパ良くロストをへらすことができます!

ボクが実践している切られにくいジグヘッドの自作方法を紹介いたしますので、最後まで読んで作れそうだったら自作にチャレンジしてみてください!

 

 

自作ジグヘッドの材料

①フックについては、5種類を試してサーベルフックGBの2号をえらびました!

②オモリについては、飛距離と使いやすさからWater Glemlin 735-4(3.3g)を選んだので、アジングロッドでもメバルロッドでも使用できます!

ステンレス線0.9mmでアイ(糸を結ぶ部分)を作ります。アイと同時に端っこがワームキーパーになるため、カマスにワームを傷つけられても壊れるギリギリまで使い続けられます!

④アイは、糸で固定するのでダイソーなどでミシン糸を準備です!

⑤最後は、瞬間接着剤で固定して仕上げます。

 

 

必要な工具

ステンレス線0.9mmをカットするのには、ニッパー(写真左)

ステンレス線を曲げたりオモリをつぶしたりするのには、ラジオペンチが必需品です。(写真右)

写真は、どっちもダイソーです(笑)

 

 

フックにアイを付ける

ステンレス線0.9mmを曲げて上の写真のようなアイを作ります。カットには、かならずニッパーラジオペンチを使ってください!

カッターナイフやハサミでは切れません。無理をすればカッターやハサミが破損して怪我をする恐れがありますので、必ず工具を使用しましょう!

ハサミでこの作業は無理です。

安全のために工具を使用してください!

道具は全て100均で揃えられますので、まず100均へ行きましょう!

※針のアイから針先に向けて伸びている部分は、ワームキーパーになりますので、が曲がりはじめているところにかからない程度で、少し長めにしてください。

 

 

アイを糸で固定する

巻やすい糸なら何でも良くて、100均のミシン糸でも問題ありません。上の写真のようにぐるぐる巻にしてください。

最後は瞬間接着剤で固くしますので、カマスの歯では簡単には切られません!

釣具屋でもし買うとすれば、ボビンホルダーがあると作業がしやすいですね!

 

工具や糸は、まず100均へ行きましょう!

ボビンホルダーは有ったほうが良いだけで、無くて問題ありません。

 

 

 

オモリの付け方

アイとフックの接点をオモリではさんでください。

写真だと倒れているフックを針先が上向きになるように立てて、左側からはさむ感じです。オモリの置き方が悪いのでイメージしにくいかと思われますが、はさめる向きは決まってますのでよろしくお願いしますw

 

 

ラジオペンチでシンカーを潰す

オモリでフックをはさんだら、ラジオペンジの内側が平らな部分ではさみつぶします!

この作業をしっかりやればオモリがフックから外れることはありません。

 

 

シンカーと赤糸を瞬間接着剤でとめる!

写真上が瞬間接着材を塗るまえで、したが塗って乾燥させたあとです。

糸の色が変わっているのがわかりますね!?これで完成です。

 

 

見た目が悪い?何か問題ですか?

キレイに仕上がんねーからやんねーよ。

キレイに作らなきゃいけない?自分で使うだけだから、見た目を気にする必要は全くありません!インスタ投稿などで写したくなかったら、魚だけ撮ればOKです。

個人的には見ばえの悪いジグヘッドで釣った方が『こんなブサイクなジグヘッドでも釣れました!』的なネタになるので、むしろブサイク最高って思います(*´艸`*)

 

ルアーのハンドメイドとは違って、見た目を気にする必要は無いので、たれでも挑戦できます!カマスを狙って釣れなかったらカサゴで試してみてください(笑)

問題無く釣れますよ~( *´艸`)

 

では、良いフィッシングライフを(=゚ω゚)ノ!!

タイトルとURLをコピーしました