冬のショアジギング!プラグも持って行って!青物が釣れない理由3選

サムネ How to Fishing

 

夏までは良かったですよね?
メタルジグをガンガンしゃくって青物が釣れましたので!

なのに・・・・・・

秋をすぎたら何が変わったのか???
釣果がパっとしないんです。。。

と思ったてたら・・・・・・

鯵彩
鯵彩

ヒラメやマゴチを狙っている人たちが

青物釣ってるぞ!!

これはどういうコト?

チョット考察してみました!

 

①水温が下がって活動がにぶくなった

寒いと人間も動かなくなるじゃないですか?

 

子供でもあるまいし

真冬に外に出て鬼ごっこなんてやらないです。

 

例えば、あなたが青物で

寒くて動きたくないのに

速く動くメタルジグなんて追っかけないですよね?

 

もし追いかけたとしても

途中であきらめちゃいますよ…

 

 

つまり

寒いと動きたくないのは

魚も同じなんです。

 

 

ならメタルジグを

ゆっくり動かせば良いじゃん!?

 

と思うとおもいます。

 

 

その通りです!

船で真下に落として釣る分には

糸を押さえることで

落ちる速度をコントロールできるのでOKです。

 

 

しかし、ショアジギングでは

糸を押さえても沈んでしまうため

船のように落下を止めることはできません。

 

 

ここから魚が本能的に感じ取ることがあります。

それは、

「今はゆっくり泳いでいても
いざという時は速く泳ぎそう」

と言うことです。

 

 

鬼ゴッコの鬼で例にすると

あなたが鬼ゴッコの鬼で
目の前をゆっくり歩いている人が居ます。

 

『 これは捕まえるチャンス!』です。

 

しかし、ゆっくり歩いていたとは言え

シェイプアップした肉体で
陸上選手の服を着ていたら・・・・・・

逃げ足が速そうなので追いかけないですよね。

 

 

つまり

いくらメタルジグをゆっくり動かしても

ショアジギングではメタルジグのフォール速度は
ごまかせません!

 

 

青物の目線で
「 今はゆっくり泳いでいるけど
いざという時は速く泳ぎそうだな。」

と認識されたら
追いかけてもらえないと言うことです。

 

 

メタルジグで狙う時の対策


※使用ルアー:メタルエフェクトブレード

また、鬼ゴッコの話です。

 

足が速い人を捕まえるなら
どうしたら良いでしょうか。

 

3秒考えてみてください!

 

・・・3

 

・・・2

 

・・・1

 

 

ボクの答えは

『逃げる人にハンデを付ける』

 

足で走るならオモリを付ければよいです。

しかし、逃げるメタルジグにオモリを追加すると
速く沈んでしまうのでダメですよ(笑)

 

そこで、メタルジグの動きを遅くするためには

・抵抗(ハンデ)としてブレードを付ける。
・速く動けない状態を作る。


※写真はヘキサーB

ブレードを付けるとフォール抵抗になるため

まずフォール速度が遅くなります。

 

 

次にシャクった時にはブレードの抵抗で

メタルジグが跳ねる距離が短くなります。

 

ブレードを付けることで
・沈みが遅くなる
・跳ねる距離が短くなる

つまり『ブレードを付けると動きの遅いエサになる』
と言うことなのです。

 

 

②水面をゆっくり泳ぐベイトにかわった

小魚:サッパ

春から夏にかけてメインだったイワシが

寒くなるにつれて減っていき

 

サッパやコノシロが入れ替わるようにして

メインのベイトになっていきます。

 

 

サッパやコノシロは

イワシほど速く泳いだり

イワシみたいに深くまで潜りません。

 

 

つまりサッパやコノシロは

水面付近をゆっくり泳ぐと言うことです。

 

 

サッパやコノシロパターンの対策

※使用ルアー:サイレントアサシン99S

ガブリシャッド

青物はサッパやコノシロのように

水面にいてゆっくり泳ぐ魚を

ベイトと思っています。

 

と言うことは

水面をゆっくり巻ことが可能な

ミノーやペンシルといったプラグ系

それにワームや私の得意なソルトスプーンなどが

有効なルアーとなります。

 

 

メタルジグで狙うのであれば、

ゆっくりとした動きができるブレード付きが有効になります。

 

 

つまり、
青物がメタルジグ単体を喰わなくなる原因は

泳ぐのが遅くて水面を泳ぐサッパ や コノシロ に

マッチ・ザ・ベイトしていると言うことなんですね!

 

 

③ベイトの回遊コースが変わった

写真:うるめイワシ(上2匹)
カタボイワシ(下)

ベイトの回遊コースがヒラメが釣れるエリアに変わった。

それだけならメタルジグでも関係ないんじゃん!

たしかに、回遊コースが変わっただけならば

関係は、無いように思えます。

 

シャローエリアで釣れるようになったことで

着底が早いのでメタルジグのアクションが

速いアクションに制限されます。

 

これはどういう事かと言うと

スローアクションをすると

ボトムにタッチしまうような浅いエリアでは

着底する前にシャクらなければならないので

『 強制的に速いアクションをさせられます。』

 

 

ボトムにタッチしても釣れなくな無いと思います。

 

しかし、ベイトを追いかけて水面を意識してい青物を釣るのに

ボトムにタッチしてしまうと

青物が見ている範囲からルアーが何度も消えてしまうため

釣りづらい状態であることは間違いありません。

 

さらに、メタルジグだと動きが速すぎると

青物が追う気にならない可能性もあり、

①水温が下がって活動がにぶくなった の内容とも関係してきます。

 

 

また、②水面をゆっくり泳ぐベイトにかわった をふまえると

回遊コースだけではなく

ベイト自体も

サッパやコノシロに入れ替わっているかもしれませんね。

 

 

冬の青物の釣り方をまとめると…

青物は水温が下がって動きや反応がにぶくなっているので、

プラグやミノー、ワームなどで狙うのが有効になり

 

ベイトとなるサッパやコノシロの生態に合わせて

水面付近をゆっくり巻くのが効果的です

 

メタルジグなら単体で投げるのはやめて

ブレードをチューニングして動きを制限しましょう!

 

さらにベイトの回遊に合わせて

ヒラメを狙うような浅いエリアに足を運んでみると

よい結果が付いてくるかもしれませんね~

 

 

あと、裏ワザとまでは言いませんが

ソルトスプーンというマニアックな世界についても

紹介していますので、

秋~冬の青物を攻略したかったらニッチな世界を

チラ見するのもアリかもですよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました